fc2ブログ
HOME   »  未分類  »  デニスの言うことも間違いじゃなかった

デニスの言うことも間違いじゃなかった

デニスのバースデーに、伯母のナディーン(伯母っていっても30そこそこだが)
が、ミニカーとパーキングステーションをくれた。

車が、複雑に傾斜している道を落ちていくのだ。

組み立ては大変そうだったが、ナディーンが組み立ててくれた。

そして、デニスが
「エリカやアヤとシェアしたくない。デニスは一人で遊びたいの」と
わがままを言い出した。

「ちゃんとシェアして遊びなさい!」と言ったら、
ほとんどパニック状態のように、泣き喚きソファをバンバン
たたきながら、

「デニスはシェアしたくないの!だってエリカちゃんや
アヤちゃんは小さいから、きっとオモチャを壊すもの」

「一人で遊んでて何が楽しいの?シェアして遊びなさい!
この赤い車をエリカ、このブルーのをアヤに貸してあげて。
ほかにもたくさん車はあるんだし」

と何度も説明したが、聞き入れない。

結局、叱って
ほぼ強引に皆で遊ぶように仕向けたのだった。

数分後、デニスの笑い声がこだまする。

「ほら、みんなで遊んだら楽しいでしょ」

夕飯の後も、子供たちはミニカーをスライドさせて
黄色い声を響かせ、楽しそうに遊んでいたのだった。

よかったよかったと、私の叱責が間違ってないことに安堵。

と、数秒後に
デニスが悲鳴をあげている。

「マミー、エリカちゃんが壊しちゃった」
デニスがオイオイと泣きながら駆け寄ってきた。

えっ?

まさか、ちょっとパーツが外れただけだろう。

なんて思っていたら、
傾斜に必要な車道の櫓(やぐら)みたな部分が
元からパックリ割れている。

「だから、小さい子はオモチャを壊すから一緒に遊びたくないって言ったのに」

デニスが泣きじゃくる。

「いかにも。ごめんなさいデニス。マミーもまさか
こんなにあっさりと妹たちが壊すとは思わなかったよ」

謝る私。

「これはマミーの失敗でもあるから、明日クレイジーグルーという
その名のとおりクレイジーなまでにピッタリくっつく
便利な接着剤があるのだけど、それで復元を試してみよう。

それがダメなら、マミーが
すぐに壊れない頑丈なのを買ってあげるから」

と約束した。

自転車購入したトイザラスにまたまた金を持っていかれないためにも、
クレイジーグルーが、クレイジーに接着してくれることを祈る。

追記:
クレイジーグルーって、そもそも日本でおなじみの
アロンアルファーで、
日本から輸入されていたのですね。知らなかったです。

日本人がなぜ勤勉なのか?について書かれてるサイト。

NYフリーペーパーDaily Sunに隔週、私のコラムを執筆中です。
あなたのワンクリックが読者増につながり、私の出版の夢をかなえてくれます。
ポチっと毎日ワンクリック!ランキングアップに、ご協力ください。

国内格安航空券サイトe航空券.com


3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
(1962/05)
トルストイ、バスネツォフ 他

商品詳細を見る
絵がシブイ!そしてトルストイ原作なせいか、なんとなく考えさせられる童話。なぜか子供たちにも大うけ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:NYにてITエンジニアとして働きながら、ライターやTV,ラジオなどメディアのリサーチ業も行っています。NY在住の日本人エンターテイナーが活躍する、音楽、映画、カルチャーの記事を満載のNY1PAGE.comも運営。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブログ内検索
プロフィール

弘恵ベイリー

Author:弘恵ベイリー
NYでフリーランスのライターを続けながら、NYで活躍するアーティストを応援するNY1page.comを運営。弘恵ベイリーのプロフィール執筆依頼aluchu@aol.comへ

Google AdSense1
カテゴリー+月別アーカイブ
 
カウンター
リンク
Google AdSense2
人気クエリー
Google AdSense3
ブログ内検索
FC2アフィリエイト
弘恵ベイリーのTwitter