fc2ブログ
HOME   »  未分類  »  母になってわかった子の命の尊さ

母になってわかった子の命の尊さ

母から祖母がまだ生きているころに聞いた話。

90歳をすぎて、入院していた祖母。

70代の伯母(母の姉、つまり祖母の娘)が、
「死にたい」と口にしたという。

それを聞いた祖母は、
「死にたいなんて言うもんじゃない!」と、
伯母を叱責した。

「90代になっても娘に死にたいって言われて、
叱らなくちゃならないなんて、
母(祖母)もかわいそうだ」と、

私の母は姉の考えなしな言葉を嘆いた。

母(90代の祖母)は、いくつになっても母であり、
子供の命は尊いものである。

その時、私は何気なく「伯母は相変わらず考えなしだなぁ~」なんて、
軽く聞き流していた話だった。

しかし私自身が母となった今になって、
祖母の気持ちがようやくわかった。

わが子に死にたいなんて愚痴られた
祖母の気持ちは、どれほど辛いものだったろう。
しかも、90歳をすぎてである。

ちなみに考えなしな伯母は、90歳に近くになってきたが、
今も健在である。

「憎まれっ子、世にはばかる!」
伯母に会って嫌ごとを言われるたびに頭に浮かぶ言葉だ。

それでも今度、日本に帰るチャンスがあったら会いに行かなくちゃ。

NYフリーパーDaily Sunにコラム、NYジャピオン「35歳だった」を執筆してます。
あなたのワンクリックが読者増につながり、私の出版の夢をかなえてくれます。
ポチっと毎日ワンクリック!ランキングアップに、ご協力ください。
関連記事
スポンサーサイト



Comment
納得です。
Re: タイトルなし
> 納得です。

Michiさん、コメントありがとうございます。
一言、とてもありがたい!

KkQhdqzXzwpByojxX
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:NYにてITエンジニアとして働きながら、ライターやTV,ラジオなどメディアのリサーチ業も行っています。NY在住の日本人エンターテイナーが活躍する、音楽、映画、カルチャーの記事を満載のNY1PAGE.comも運営。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブログ内検索
プロフィール

弘恵ベイリー

Author:弘恵ベイリー
NYでフリーランスのライターを続けながら、NYで活躍するアーティストを応援するNY1page.comを運営。弘恵ベイリーのプロフィール執筆依頼aluchu@aol.comへ

Google AdSense1
カテゴリー+月別アーカイブ
 
カウンター
リンク
Google AdSense2
人気クエリー
Google AdSense3
ブログ内検索
FC2アフィリエイト
弘恵ベイリーのTwitter