fc2ブログ
HOME   »  未分類  »  デニスのバスをミスったかと大慌て

デニスのバスをミスったかと大慌て

デニスが昼に帰る日だった。

バス停へ行く途中、4年生の近所の太めな男の子が帰宅していた。

デニスの学校とは別の学校なのだが、

もしかして、高学年も早く終わったってことは、
一緒のバスだったかも?

と、思ったのである。

待てども待てどもバスは来ず。もう30分近くたっている。

連絡しようにも携帯をバッグに入れたままだった。

しかもバッグは、家に横付けしている車の中。

バス停から家までは1分ちょっとかかる。

その間に、バスが来てしまったらどうしよう。。。と、

とにかく走りまくった。

久々の全力疾走である。

まったく息が切れたぜ。

荒い息のままデニスの学校へ電話をする。

ところが留守電。

「デニスの母ですが、バスを逃してしまったかもしれません」と、
二度もメッセージを残した。

そうしているうちにバスが姿が。。。

あらら。。。

すぐさま学校のボイスメールに「バスが来ました」のメッセージを残そうと電話。

今度はちゃんと人間が出た。

バスのドライバーに挨拶しているうち、
電話のむこうで、
「どうしましたか?」と聞こえた。

「あ、すみません。バスがおくれただけでした。二度もメッセージを残して
いるので」

「わかりました」

いやはやバス通学させるって、いつもいつも大変。

今バスがどのあたりにいるってお知らせメールとか、やってほしいぜまったく。

書いていくことの楽しみの一つ、
ランキングアップにご協力宜しくお願いします。
↓ボタンを押すだけです。


NYフリーパーDaily Sunにコラム抱腹絶倒!NY育児日記、
NYジャピオン「35歳だった」を執筆中なので、こちらも宜しくお願いします。


【NY1pageから新着記事のお知らせ】

911をすごすたびにニューヨーカーたちは、必ずその時の悲惨な思い出を
振り返らずにいられない。
NY役者のやすさんもその一人である。911の現場へボランティアへ行った彼の
エピソード。

そのほか、カナダ留学のお話しなども満載!

新着記事はこちらから↓
NY1page.comで。

ウェブのボランティア募集中!
ライター、デザイナー、営業なんでもOKです。
問い合わせは弘恵ベイリーまで。aluchu@aol.com

関連記事
スポンサーサイト



Comment
アメリカのティーン映画で、スクールバスに乗り遅れるってシチュエーションが凄い多い訳だよね。自分達で乗り始めた学生にとって、スクールバスに乗り遅れるってのは日常の恐怖だし、もっと歳の下の子抱えた母さんにとっても恐怖だろうな。

私はスクールバスに乗ってなかったけど、朝、準備に手間取って時間に遅れそうになったら、ホームステイのおばさん揺さぶり起こして、車で送ってもらう迷惑な奴だったな。何となく思い出話。
Re: タイトルなし
>葉子くん
車で送ってもらっていただなんて。。。贅沢なホームステイだね。

ところで、
ご主人と昨晩は酔いつぶれるまで飲みました。
知ってるよん。
色々話して楽しかった。
でも、何も覚えて無い。
いい関係だったね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:NYにてITエンジニアとして働きながら、ライターやTV,ラジオなどメディアのリサーチ業も行っています。NY在住の日本人エンターテイナーが活躍する、音楽、映画、カルチャーの記事を満載のNY1PAGE.comも運営。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ブログ内検索
プロフィール

弘恵ベイリー

Author:弘恵ベイリー
NYでフリーランスのライターを続けながら、NYで活躍するアーティストを応援するNY1page.comを運営。弘恵ベイリーのプロフィール執筆依頼aluchu@aol.comへ

Google AdSense1
カテゴリー+月別アーカイブ
 
カウンター
リンク
Google AdSense2
人気クエリー
Google AdSense3
ブログ内検索
FC2アフィリエイト
弘恵ベイリーのTwitter